(1) jSTAT MAPにアクセス

地図で見る統計(統計GIS)の中の「地図で見る統計(jSTAT MAP)」をクリック。起動中の画面の後、以下の画面に移る。とりあえずは「ログインしないでGISを始める」を選択する。

(2) 対象地域を表示

地図を動かして対象地域を表示。(このマニュアルでは兵庫県尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市とする。)

(3) 統計地図作成を開始

ウィンドウ左上、または、右下の「統計地図作成」をクリック。

すると、「プロット作成」、「エリア作成」、「統計グラフ作成」、「レポート作成」という4つの選択肢が表示される。ここでは「統計グラフ作成」を選択。(統計地図を作成するときに「グラフ」を選択するというのは違和感がありますが・・・)

ウィンドウ右下の「統計地図作成」をクリックした状態

(4) 統計グラフ作成の設定

統計グラフ作成の設定画面が出てきたら、使用する統計調査名、年、集計単位、統計項目などをそれぞれ選択する。

今回は、2015年の国勢調査、集計単位は「小地域(町丁・字等別」、統計表は「年齢別割合(5歳階級、4区分)」、指標は「総数65歳以上人口の割合」を選択。これらの選択が終わったら、「指標選択」ボタンをクリック。

すると、下の枠内に選択した指標等が表示される。確認したら「次へ」をクリック。

(5) 集計範囲を設定

以下のような表示に変わる。今回は、尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市の4市に限定して統計地図を作成したいので、「集計範囲」のところから設定を行う。

「集計範囲」で「行政界選択」を選択。「兵庫県」を選択した後、「尼崎市」、「西宮市」、「伊丹市」、「宝塚市」の4つを選択(普通にマウスでクリックしていけば複数選択できる)。右向きの三角(▶)をクリックすると、選択した4つが枠内に表示される。

「集計開始」をクリックしてしばらく待つと・・・。

(6) 統計地図の表示

対象地域(尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市)の統計地図、「町丁・字等別の65歳以上人口割合(2015年)」が表示された!

65歳以上人口割合(2015年国勢調査による)

(7) 選択地域のデータ表示

右上のアイコンの中の「選択」をクリックし、次に「グラフ選択」をクリック。

任意の地域をクリックすると、選択した地域のデータが表示される。